FAIL (the browser should render some flash content, not this).


自立と依存




“植物”の種ってさ、未熟だよね~

ほんとだよ。早く自立させなきゃな。

なーんて会話はないわけでして


ちゃんと水と土壌などの環境があれば、あとは種自身の
DNAに任せておくと勝手に成長していきます。

成長のプログラムはすでに種のときから
完璧に出来上がっているんですね。


でも”人間”となるとどうでしょう。


うちの子さ、まだまだ未熟だよね

ほんとだよ。早く自立させなきゃな。

ほら、違和感ないでしょ。

そして親は、あれこれ与えてこう言います。

ほんとにダメな子だよ。

早く自立しなさい!


いつの間にか子どもは自己の成長プログラムを
放棄し、親やその他のものに依存しはじめます。



「自立」と「依存」は2つでワンセット。
片方だけでは存在できない関係です。

子どもは人間として生まれたときに
潜在的には、すでに自立しています。

自立していないという親の思い込みが
他に依存する子どもをつくるわけです。

大人も子どもも肉体を離れるまで
同じ成長のプロセスを生きています。

子どもに必要なのは、成長を見守る「愛情」です。

あとは自分の子どもの成長プログラムを 「信頼」したいものですね。

という私は、二人の娘の親ですが、奥さん任せの未熟ものです。

一緒にがんばってまいりましょう!はい。


「コラム」トップページ

Copyright 人生上昇塾, 2007. All Rights Reserved. Privacy Policy