FAIL (the browser should render some flash content, not this).


キャパシティの不思議


沖縄で活躍されているシンガーの方とお酒を一緒に飲んでいたときの話です。

「安達さん、“キャパシティ”って不思議だよね。
座席が50席のホールを借りると50名、200席だと200名。
10席だと10名がピタっと来る。
それ以上は不思議と来ないんだよ。ほんと面白いよね~」


キャパシティというのは「会場の収容能力」のことです。
僕はイベント業界に長くいたので、この方の仰ることをずっと実体験してきました。

ほんとにそうなんですよね。
キャパ100だったら、100名が来る。
キャパ1000だったら、1000名が来る。
なぜかキャパを超えて溢れ返るという経験が不思議とないんです。
逆にガラガラってこともない。


そんなの当たり前だよ。そのイベントが持っている集客力に
見合った会場を借りてるだけの話だろう・・

まあ、それも確かにそうなんです。

スマップのコンサートを100名がキャパのライブハウス
でやるイベンター(興行屋)はいませんから。

でもね、キャパ3万の会場だとやっぱり3万人が来るんですよ。

なぜなら「原因と結果は、同時に存在する」からです
言い方を変えると「結果」は最初から決まってるんです。

だったら、1万人集めようと思って、会場を借りたら
本当に1万人が集まってくるの?

はい、その通り!

でも・・ここにひとつだけ条件があります。
それは、原因に“不安”がないことです。
もし原因に不安があれば、結果もまた“不安”になります。
だって、原因と結果は同じものですからね。



原因とは「自分に宣言する」ことです。
会場を借りる、紙に書く、写真を貼る、
心に強く思う、友達に話す・・なんでも宣言になります。

そこに不安がなければ、必ず結果は「宣言通り」になります。
でもちゃんと不安を“浄化ワーク”で手放してからにしてくださいね。
じゃないと、不安が現実化してしまいますから。

まだこの3次元世界にはいろいろなトリックが隠れています。

もっと知りたい!方は
ぜひ「トリック!人生の秘密がわかるDVD」を観てくださいね。
きっと世の中が透けて見えてきますよ。


「コラム」トップページ

Copyright 人生上昇塾, 2007. All Rights Reserved. Privacy Policy