FAIL (the browser should render some flash content, not this).


ぼくを葬る




一番記憶に残っている映画は?

と聞かれたら、いまなら迷わず「ぼくを葬る」と答えます。

葬るは「おくる」と読みます。

「ぼくをおくる(葬る)」

 ■オフィシャルサイト
 http://www.bokuoku.jp/


バリバリ仕事をしている人気カメラマンが

ある日、突然「余命3か月」と宣告される物語。

ラスト10分は、心の奥の奥の深いところが

共鳴して、不覚にも涙が止まりませんでした。


「生と死は、同時存在」

死があるからこそ、生まれてくることができた。

この3次元世界の仕組みを知ってから、

生と死の境界線が消えて、まんまるの円になりました。


“満たす人生から満たされている人生へ”

いつ生が終わろうと「無念」という言葉だけは使いたくありません。

「何のために生きているのだろう」と

考えている時間を生きることに使いたい。


なんだっていいんです。

どっちだっていい。

すべての制限を取り払い、ただ命を燃やしていたい。

そんなことを感じる今日この頃です。


「コラム」トップページ

Copyright 人生上昇塾, 2007. All Rights Reserved. Privacy Policy