FAIL (the browser should render some flash content, not this).


危険な方へ飛び込め!


岡本太郎が好きです。

無条件に魅かれます。


  「危険」を感じる。

  それはつまり死の予感なんだ。

  そのとき、よしそれなら死んでやろう。

  と決意しておそろしいほうに飛び込む。

  パァッとその瞬間、全身が生きてくる。


このたった5行の文に彼の人生を感じます。

たぶん一生の中で、何度も死んでは
また不死鳥のように蘇ってきたのでしょう。

最近心の奥からこんな言葉が聞こえてきます。


 きれいごとはもういい。 さっさとやっちまえ。

 心臓の鼓動に頼るような人生だったらない方がいい。

岡本太郎と同じ「戦いのDNA」が
僕の中にもあるのかもしれません。




マグマが吹きあげる岩石はどこに
飛んでいくかなんてわからない。

だからいいんです。それが“生きてる”ということ。

大切なのは、どこに飛ばすかではなく

“吹きあがっているかどうか”なのです。



  自分の限界なんてわからないよ。

  どんなに小さくても、未熟でも、

  全宇宙をしょって生きているんだ。


それでは最後に笑っちゃうほど
インパクトがあったこの言葉をあなたに・・


  同じことをくりかえすくらいなら

  死んでしまえ。

  taro okamoto

「コラム」トップページ

Copyright 人生上昇塾, 2007. All Rights Reserved. Privacy Policy