FAIL (the browser should render some flash content, not this).


石がそこにある


道を歩いていると、目の前に大きな石が・・・


うわっーなんだこの石は!
ふざけやがって、誰がこんなところに
きっと俺に対しての嫌がらせだな。
一体俺が何をしたっていうんだ。

これが自我に支配されている人の反応です。

でも“いまここ”に生きている人は・・
「ああ、石がある」
ただそれだけ。

僕もつい2年前までずっと前者だったんですね。
だからいつもストレスの中にいました。
で・・もういいかげん自分が嫌になった。

そしていろいろと調べていくうちに、僕の人生を支配しているのは
「自分」ではなく「自我」であることを知りました。

その瞬間、心の中で「カーン!」と試合開始の
ゴングがなりました。

「本当の自分」VS「自我(観念)」の
無制限一本勝負です。
とは言っても、エキサイティングな殴り合いではなく
たまねぎの皮を一枚一枚むいていく、じみ~なファイト。

でも観念を手放せば手放すほど、
確実に“自我”はその力を失っていきました。

そしてついに「ああ、石がある」人生がやってきました。
あるがままにすべてを受け入れる人生です。

ひとことで言えば、超~楽チン人生。
そこはスッカーンと晴れ上がった青空のようなもの。
やりたいことを淡々とやっていくだけ・・

でもね。
本当はこれが当たり前の人生なんですよね。
それまでが不自然すぎただけ。

だって、自分で自分の人生をコントロールできないなんて
どう考えてもおかしいですから。
いまはやっと「本物の人生」がスタートしたんだな~と感じます。

いつゴールがやってきてもいいように、あるがままに生きる。

「ああ、石がある」人生はいかがですか?


「コラム」トップページ

Copyright 人生上昇塾, 2007. All Rights Reserved. Privacy Policy